日中はかなり暖かくなりましたねぇ。

…なーんて、差し障りのない、よくあるごあいさつですが、この暖かさがお茶の新芽を成長させてくれます。 大事なことなのです。暑いくらいでちょうどいい。上着を薄くした開拓茶農協の白松です、こんにちは!

先日、静岡茶市場で初取引が行われましたね。

茶寿の「108」+ 平成「31」年で、139万円だそうで。。

なんとも景気の良い話で羨ましいです。

 

…といった具合で始まった静岡新茶シーズン!

そして、こちら牧之原。

本日、茶園の最終巡回してきましたが、今年は芽伸びが遅いですね。一部、摘採しているところもありましたが(早生かな?)、開拓茶工場は23・24日頃からのスタートになるでしょうか。本格的な操業開始は、天気予報と相談して、26日から(予定)に決まりました。

もう、いよいよです!

 

それではここで、前回 写真を載せた [つゆひかり] 茶園を見てみましょう。

前回の写真から10日後の様子です。

葉っぱが2枚くらい開いてきて、順調に大きくなっています。

(掲載が少し遅れてしまい、最近の暖かさで、現在は3枚くらいになっています)

このまま無事に収穫を迎えてほしいですね。

同じ牧ノ原台地でも、場所によって芽の出具合は様々です。同じ品種でも、ほんの 2~300m 離れただけで結構違ったりします。面白いですよね。

ここのつゆひかり園は、5月になってからの収穫だと思います。

ということは、、

 

そうです、令和です。

時をかけます。

方向が逆ですけどね。

ラベンダーでもなく茶葉ですし。

どれかと言われたら、原田知世です。

未来の茶葉と巡り合えますように…

 

それでは☆