「香り緑茶」には”花のような甘い香り”があります。

この甘い香り、飲んだことのあるかたはご存知かと思いますが、とってもほ~んのりと香るんです。

バニラとかお砂糖のようなわかりやすい甘みではなく、お茶の葉の自然な甘み。

私たちは、これをどう表したらいいのか、いまだに悩んでいるところです。笑

 

↓の写真は工場見学の際のものですが、この時の香りはすごかったです!

「香り緑茶」をつくる工程では、バナナみたいな南国の香りがしたり、かと思えば柑橘類のような、甘いハチミツが混ざったような香りも・・・

 

 

よく知っているお茶の香りとはまた違うんです。

だからこそ、なんて伝えたらいいのか難しいんですね~

これがまた”お茶”になると、すこし香りが落ち着いて、ほんのりとした「香り緑茶」の香りになります。

緑茶なんだけど、爽やかでほんのりと甘い香りがする・・・

とても自然な香りです。

ちょっと変な例えですが、夏に草が生い茂るような中を歩いた時の、草の香りとも似ています。

踏みしめた草から香る、なんとなく甘いような香り。

あの香りの中の”甘み”を凝縮したような感じ・・・でしょうか。

だからなのか、私は「香り緑茶」って暖かい季節のイメージがあるのです。

南国のたべものや料理に合うのも、そのせいかもしれませんね。

 

 

★香り緑茶についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

香り緑茶とは?